検索フォーム
リンク
最新コメント
QRコード
QR

FOMC議事録への反応は限定的

きょうのNY為替市場でドル円は109円台での推移が続いている。午後になってFOMC議事録が公表されたが、為替市場の反応は限定的だった。議事録では「大幅な進展までにはしばらく時間がかかる。パンデミックの不確実性はリスクを下向きに傾ける」などとFRBが慎重姿勢を堅持していることが示された。「利回り上昇は経済見通しの改善を反映」としているものの、すでに市場が認識している範囲を超えることはなく、利上げや資産購入ペース縮小に向けた新たなヒントは何も示されなかった。  ドル円は下値では押し目買いも見られるものの、110円の水準は強い上値抵抗に変化している模様で、先週までの勢いはない。市場では1-3月のドル高の巻き戻しが強まっており、ドル円も上値ではロング勢の利益確定売りが出るようだ。本日の21日線が109.40円付近に来ているが、目先の下値メドとして意識される。  ユーロドルは買い戻しが続き、本日は一時1.19ドル台に上昇する場面もみられた。200日線が1.1890ドル付近に来ており、回復する場面もみられたが、200日線を完全に回復できれば、心理的節目の1.20ドルが視野に入りそうな状況。ただ、1.19ドル台での戻り売り圧力も依然として強そうな雰囲気ではある。  ユーロ圏と比較した米国でのワクチン展開の速さを市場はだいぶ織り込んでいる。市場はむしろ、欧州経済が回復の兆候を見せていることに意識を傾け始めているようだ。しかし、ユーロの買い戻しが持続するにはやはり、EUのワクチン展開の具体的な改善が必要だが、実現するのにはまだ時間がかかる可能性もありそうだ。
スポンサーサイト



Comment

非公開コメント